紅ズワイガニの通販

紅ズワイガニの通販で大失敗!|紅ズワイガニの美味しい食べ方は

 

カニ鍋、カニしゃぶ、カニ寿司と、魅力的なカニ料理はいろいろあります。
口に入れた瞬間広がるほのかな甘味と、魚介系のまろやかなコクが魅力的ですね。

 

 

食用ガニといっても種類があり、代表的なものは毛ガニ、タラバ、花咲、そしてズワイガニでしょうか。

 

とりわけズワイガニはブランド化もされている本ズワイガニと、比較的安価な紅ズワイガニに大別されます。

 

 

ご自宅用や贈答用にカニ通販を頼む場合、お試しでお安めの紅ズワイガニをチョイスしてしまいがちなもの。

 

しかし、ちょっと待ってください!

 

通販で紅ズワイガニを入手するにはちょっとした問題点がイロイロ…。

 

こちらでは、
紅ズワイガニについて、ズワイガニとの違いや食べ方、通販についてなど、詳しく解説していきます。

 

紅ズワイガニとは? 本ズワイガニとの違い

そもそも紅ズワイガニとは、「十脚目ケセンガニ科ズワイガニ属ベニズワイガニ種」のカニです。

 

 

これに対して本ズワイガニは、「十脚目ケセンガニ科ズワイガニ属ズワイガニ種」。
動物の分類としては、目・科・属までが同じですが、「種」が異なるのです。

 

紅ズワイガニと本ズワイガニの見分け方

最初から鮮やかな紅色の甲羅をしているのが紅ズワイガニで、やや茶色っぽい甲羅が本ズワイガニです。

 

個体差もありますが、よりハッキリ区別するなら、引っくり返して腹の部分を見てみるといいでしょう。
紅ズワイガニの腹部は紅く、本ズワイガニは白っぽい茶色をしています。

 

棲息地の違い

紅ズワイガニの棲息地は、日本海などの深いところです。
おおよそ水深にして500〜2,500mあたりに紅ズワイガニはいます。

 

 

他方で本ズワイガニは、同じく日本海ではありますが、水深200〜400m、大陸棚と呼ばれるあたりに棲息しています。

 

紅ズワイガニと本ズワイガニの味の違い

この棲息地の違いが、紅ズワイガニと本ズワイガニの味わいの差となって表れていると考えられます。
大陸棚付近にはカニの食料である小魚や貝、海藻などが潤沢に存在しています。
そのため、そこのあたりを棲みかとする本ズワイガニは栄養をしっかり摂って育つことになります。

 

実際、本ズワイガニの身はギッシリと詰まっていることで知られており、カニ特有の甘みも強く、身は柔らかくほぐれます。

 

 

紅ズワイガニは深海に棲息するため、本ズワイガニに比べるとやや小ぶりであり、身も詰まっていません。
食感はややパサパサしており、若干の脂っぽさを感じるという方もいるようです。
あまり栄養を摂っていないため、痩せて小さくなってしまうのですね。

 

紅ズワイガニを美味しく食べる方法

では、紅ズワイガニを美味しく食べる方法はないのでしょうか。
紅ズワイガニの価格は、本ズワイガニの約10分の1。

 

本ズワイガニが1匹あたり約10,000円とすれば、紅ズワイガニは約1,000円です。
もし美味しくいただく方法があるのであれば、ぜひとも試してみたいですよね。

 

カニ缶として

紅ズワイガニを比較的美味しくいただく方法の一つが、缶詰として食べるというものです。

 

カニ缶は味付けがなされてしますし、食べやすい状態になっているので、チャーハンやピラフなどに入れて味わうのに向いています。
食材としてのカニの風味を楽しむだけであれば缶詰でも一定の味わいは感じられますし、値段も紅ズワイガニを使用したものは500円ほどとリーズナブルです。

 

汁物や鍋物として

そのまま食べるとパサついて水っぽさや脂っぽさを感じられるという紅ズワイガニですが、汁物の出汁にするという調理法もあります。

 

 

たとえば北海道で鉄砲汁とも呼ばれるカニ汁は、カニの出汁が利いた濃厚な味が楽しめます。
身をそのまま食べるのに難があるのであれば、汁や鍋に入れて風味を楽しむという方法もあるのですね。

 

紅ズワイガニの通販は微妙…

カニを買い求めるのに、直接漁港や市場へ出向けるという方は決して多くないでしょう。
そうなるとスーパーなどの店舗で買うか、通販で買うかという選択肢となりますが、特にお手軽なカニ通販は魅力的ですよね。

 

しかし、
安価だからといって紅ズワイガニを通販で購入するのはどうでしょうか。

 

結論から言うと、紅ズワイガニはどちらかと言うと通販に向いていません。

 

紅ズワイガニが通販に向いていない理由<その1>

通販は紅ズワイガニ特有の味を損なう

 

紅ズワイガニの味の特徴として、「やや水っぽい」というものがあります。
通販は鮮度を保つためにカニを冷凍して送付することになりますが、このとき紅ズワイガニの身に含まれた水分が一緒に凍ってしまいます。
すると、解凍した時にカニの身の旨味が水と共に流れ出してしまうのですね。

 

確かに水っぽいです。
通販で買った紅ズワイガニ↓

 

 

通販で買ったズワイガニ↓

 

 

紅ズワイガニ自体があまり通販という販売形態に向いていないカニということです。

 

ただでさえ甘みの少なめの紅ズワイガニを通販で買うのは避けたほうが良さそうですね。

 

紅ズワイガニが通販に向いていない理由<その2>

紅ズワイガニは甲羅が柔らかく傷つきやすい

 

本ズワイガニなどに比べ、紅ズワイガニは甲羅が薄くてデリケートです。
通販の場合、鮮度を少しでも維持するために氷などを同梱しますが、運送される過程で甲羅が傷つき、見映えが悪くなるのと同時に味も劣化するという難点があります。

 

紅ズワイガニが通販に向いていない理由<その3>

実際に購入者の満足度が低い

実際に紅ズワイガニを通販で購入した方の口コミを見ていると、確かに評判が悪いです。

 

紅ズワイガニ通販の口コミ@

待してただけに、非常に残念なものが届きました。
紅ズワイガニの身がすかすか…。身がほとんど無く味もよくわからず。
通販店に電話でそのことを伝えると、「訳ありのものなので」と開き直られました。
いくら安い紅ズワイガニでもこの実入りではとても高く感じてしまいました。

紅ズワイガニ通販の口コミA

紅ズワイガニの味噌部分に、氷が溶けて出た水がいっぱい入っていてカニの実入りもほとんど無く、2つ注文した内2杯だけ多少の実入りがあっただけ。とても残念でした。

紅ズワイガニ通販の口コミB

やっぱり空っぽに近い紅ズワイガニでした。
届いて来たのは5匹でしたが、全てほぼ空っぽでした。
もちろん、蟹みそもないです。こんなことなら本ズワイカニにすれば良かったと後悔してます。

紅ズワイガニ通販の口コミC

通販で届いた紅ズワイガニにびっくり。
すかすか…そしてしょっぱい…届くのを楽しみにしていたのに残念です。

紅ズワイガニ通販の口コミD

空洞だらけ、ミソも全くない軽い紅ズワイガニは塩気がキツすぎて塩の味しかしない。これは食べ物でしょうか?
毎年恒例の蟹も、値段が高騰してる為少し小さめでも、口コミももいいし!と通販で頼んでみたら。。
もう二度と買いません。

 

カニを通販するなら

以上の点を考え合わせると、ズワイガニの通販を頼むのであれば、紅ズワイガニよりも本ズワイガニを選ぶのがいいでしょう。

 

 

本ズワイガニは身が詰まっている分、食べごたえもありますし、甲羅も丈夫で傷つきにくいという特長があります。

 

何より、身自体にあまり水っぽさがないため、冷凍から解凍までのプロセスで味が落ちにくいという長所があるのです。

 

せっかく美味しいカニの味を期待して通販をするなら、やっぱり満足いく味わいを楽しみたいもの。
賢くズワイガニを選んで、風味豊かなカニを堪能しましょう!

 

ズワイガニのおすすめ通販店ランキング