松葉ガニと越前ガニの違い

松葉ガニと越前ガニの違いは?

高級カニとして有名な松葉ガニ越前ガニは実は、
ズワイガニ(雄)なのを知っていましたか?

 

穫れる場所によってつけられたズワイガニのブランド名なのだそうです。
さらに雄か雌かによっても名前が違います。
複雑な?ズワイガニの名前の違いについて調べてみました。

 

ズワイガニ生息地

 

松葉ガニ

山陰地方の日本海側(島根、鳥取、兵庫、京都)で水揚げされるズワイガニを松葉ガニといいます。

 

松葉ガニと呼ぶ由来はいくつかあり、

細長い脚の形が松葉のように見える
脚の肉を水につけると身が松葉のように広がるから
調理の際に松の葉を使ったから

などといわれています。

 

中でも脱皮して間もなく、殻が柔らかいズワイガニの雄を若松葉ガニと呼びます。

 

さらに松葉ガニの中でも水揚げ場所に細かく分けて名前が分けられています。

 

水揚げ場所 松葉ガニのブランド名
京都府丹後町・間人漁港 間人(たいざ)ガニ
兵庫・津居山港 津居山ガニ
兵庫・柴山漁港 柴山ガニ
兵庫・ 浜坂 漁港 浜坂ガニ
島根・隠岐諸島 隠岐松葉ガニ
島取 鳥取松葉ガニ

 

越前ガニ

福井県で水揚げされたズワイガニを、越前ガニといいます。
越前とは福井県の古い呼び名で、そこから越前ガニと名付けられたようです。
昔から皇室に献上されているカニでもあります。

 

ズワイガニの他のブランド

 

水揚げ場所 ズワイガニのブランド名
山形・庄内浜 ヨシガニ
石川・金沢港橋立港 加能ガニ

 

ちなみにその他地域(北海道やロシアなど)で獲れたカニはズワイガニと呼びます。

 

ズワイガニの雌のブランド

雌のカニは雄に比べて小さく、お腹に卵を抱えています。オレンジなのが未受精卵で「あかこ」、黒ずんでいるのは受精卵で「くろこ」と呼ばれます。甲羅の中には「内子」と呼ばれる赤ミソがあり、雌は卵とミソが人気の理由です。

 

水揚げ場所 ズワイガニのメスのブランド名
山形・庄内浜 クボガニorメガニ
石川・富山 香箱ガニ
福井県 セイコガニ
島根、鳥取、兵庫、京都 コッペガニ
山陰地方 セコガニ

 

ブランドガニは何でわかるの?

ブランドガニにはタグ付きであることが多いです。どこの港で水揚げされたか分かるようにそれぞれ違った色のタグがつけられています。タグが付けられているカニは高値が付いて出回ります。
ちなみに松葉ガニは漁港によっていろいろ(緑/青/白/ピンク)タグ、越前ガニは黄色タグだそうです。

 

紅ズワイガニの特徴は?

こちらは甘みがあって、水分の多いカニです。
この名前はゆでていないのに紅(あか)いことが由来しています。

 

 

茨城県以北太平洋側や、日本海の水深500m〜2500mの深海に生息していてカニかご漁で漁獲されます。
産地の周辺以外では活けではなかなか味わえません、水分が多い性質上のせいか冷凍でもあまり姿のままでは流通しておらず、カニのフレーク、カニ棒などの加工品で使用されているのが一般的なものです。まったく違うカニの種類です。漁獲高も全然違うので価格差は10倍にもなるそうです。
中にはこのカニをズワイガニと偽って販売しているところもあるようなので注意してください。
素人では見分けが難しく、色がより赤いのと比較的小型で華奢であることでしか見分けるポイントはありません。
漁期がズワイガニ(11月〜3月)よりも長く9月〜6月です。

 

松葉ガニやっぱりズワイガニの中でも美味しいの?

もちろん美味しいです。松葉ガニが獲れる山陰沖では暖流と寒流が交わるため、酸素の豊富な海水でプランクトンが多く生息しています。
このプランクトンを沢山食べて育った松葉ガニは、荒波にもまれて身の締まりがよく、旨味が凝縮されているため美味しいカニになります。
極上品と呼ばれる松葉ガニに成長するには10年ぐらいかかるといわれています

 

越前ガニやっぱりズワイガニの中でも美味しいの?

それは漁場である越前海岸沿岸に美味しさの秘密があります。越前海岸沿岸は急深で、100m〜150m〜200mの段々畑のようになっています。この地形がカニにとって住みやすく、快適に過ごせるからこそ美味しいカニに育ちます。
また冬の海水温度の低さも美味しいカニを育てる要因となっています。
さらに越前ガニは漁獲されると生きたまま帰港するので、より新鮮で美味しいのです。

 

解禁日はある?

カニの乱獲防止と環境保護のため、ズワイガニには漁の期間(11月〜3月)が決められています。
雌は産卵の前までと決められているため、漁の期間(11月〜12月末、1月上旬)が短くなります。

 

通販でも買える?

活けは産地にいかないと無理ですが冷凍なら購入することができます。
ですがブランドガニと呼ばれているだけに一般のズワイガニに比べてとても高価になります。
例えば一般的なものが1kg4000円〜6000円なのに対してブランドガニは1kg15000円〜20000円。
食べてみたい気はしますがちょっと…難しいかも。

 

まめ知識

美味しいズワイガニには「カニビル」がいっぱいついているそうです。ヒルの仲間でちょっと気持ち悪いですがカニビルがいっぱいついていることは脱皮してからの年月が長いことを表しています。脱皮してすぐのカニは身入りが悪く美味しくありません。
脱皮してから年月がたち、殻が十分に固いものが身入りがよく美味しいカニなのです。
カニビルはカニに悪い事はしませんし、茹でればとれてしまうので大丈夫ですよ。

 

カニビル

 

まとめ

松葉ガニや越前ガニは高価!で美味しいことがわかりました。
そしてズワイガニのブランド名であることも。
でも一般的なズワイガニでも十分美味しいですよね。
美味しいカニを買うには信頼できるカニ通販店から購入することが大切です。

 

こよなくカニを愛する私が独自でリサーチしたおすすめのズワイガニ通販店をご紹介します。
ズワイガニ通販おすすめランキングはこちら